桜井戸

古くより名水として伝えられており、現在でもお茶会の水として使われるほか、灌漑用としても利用されている。井戸及びその周辺の水路は文化遺産として整備され、毎年水神祭り及び観月お茶会が開催されている。 名前 桜井戸 種類 湧水>>続きを読む

寂地川

錦川の支流宇佐川の最上流で西中国山地国定公園内にあり、昔、村人を悩ませた大蛇を退散させたという「寂地の高僧」と呼ばれる伝説がある。豊富な湧水は古くから地元住民の飲料源や特産物であるわさび栽培に利用されている。 名前 寂地>>続きを読む

別府弁天池湧水

カルスト地域に見られる湧水池であり、生活用水や養鱒用として利用されている。伝説では、この地域で林を開拓したが農地用水がなかったので、社を建立し祭や神楽を奏し水源を探したところ、にわかに水が湧き出したと言われている。 名前>>続きを読む

名水百選