太田川(中流域)

西中国山地国定公園の冠山をその源とし、本流はその後瀬戸内海に注いでおり、下流でデルタを形成している。河岸緑地や親水公園の整備など良好な河川景観の形成を意識した水辺や河川の整備が積極的に行われている。 名前 太田川(中流域>>続きを読む

出合清水

この水は榎川の上流水分峡の奥から地下を通って扇状地の扇端部に湧き出ており、東川の泉と呼ばれ、水天宮を祀り、昔から人々に大切にされてきた。現在は湧水が少なくなり、飲用として使用できないが歴史的遺産として姿を残している。 名>>続きを読む

名水百選