うちぬき

西条市内に広範囲に湧き出る自噴水は「うちぬき」と呼ばれ、江戸時代中期に発祥したといわれている。通年で水温変化もなく、湧量が豊かな水は生活用水、農業用水、工業用水等において重要な役目を果たしている。 名前 うちぬき 種類 >>続きを読む

観音水

鍾乳洞からの湧水であり、肱川に注いでいる。市の名勝にも指定され、湧き出るせせらぎ以外物音ひとつない静けさという。その昔観世音に念じたところ、山の嶺から清水が湧き出したとの伝説が残っている。 名前 観音水 種類 湧水 場所>>続きを読む

杖ノ淵

弘法大師が杖を突き立てたところから湧き出したという伝説から「杖ノ淵」と命名され、今も泉のほとりには弘法大師の銅像が建っている。ここでは市指定天然記念物であるテイレギや、スナヤツメを見ることができる。 名前 杖ノ淵 種類 >>続きを読む

名水百選