秦野盆地湧水群

県下唯一の盆地であり、その河川水や湧水を縄文時代より生活用水として活用していた様子が生活痕跡に見られる。弘法大師が庭で杖を突き、その場に臼を置いたところ湧き出たのがはじまりという「弘法の清水」も湧水群の一つだ。 名前 秦>>続きを読む

洒水の滝・滝沢川

滝沢川の上流にある洒水の滝で鎌倉時代初期の名僧、文覚上人が百日間この水に打たれて荒行を積んだと言われている。滝の手前には文覚上人ゆかりの「洒水の滝不動尊常実坊」もあり、かながわの景勝50選にも指定されている。 名前 洒水>>続きを読む

名水百選