渾神の清水

昔、将軍坂上田村麿が眼病を患った際、ある夜の夢のお告げの通り、湧き水を探し、こんこんと湧き出るこの清水を見つけ、目を洗ったところ、忽ち眼病が治癒したことから、眼の神(めのかみ)が転じて渾神(いがみ)の清水とよぶようになっ>>続きを読む

富田の清水

1686年、津軽四代藩主が紙漉法を導入した際に、この豊かな清水を使用したのが由来である。その後は紙漉きだけでなく市民の生活用水にも使われるようになり、今では広く市民に親しまれている。この地の旧村名が富田村であったため、「>>続きを読む

名水百選