名水百選TOP > 東北 > 富田の清水

富田の清水


1686年、津軽四代藩主が紙漉法を導入した際に、この豊かな清水を使用したのが由来である。その後は紙漉きだけでなく市民の生活用水にも使われるようになり、今では広く市民に親しまれている。この地の旧村名が富田村であったため、「とみたのしつこ」と呼ばれている。

名前
富田の清水
種類
湧水
場所
弘前市大字紙漉町
都道府県
青森県
備考

カテゴリー: 東北コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: https://haimatsu.info/tohoku/51.html/trackback

富田の清水